2017 . 08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017 . 10
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅の思い出。 
10年前の夏、夏休みに入ってすぐに女友達5人で行きました。
友達同士で海外に行くのは初めてでした。ちょっとドキドキした思い出があります。

今更友達と海外に行くことに抵抗はありませんが(笑)、
一人で行くのはドキドキした!
仕事終わってダッシュで空港行って、
初ビジネスでのご搭乗と久々の海外にウキウキしてたら速攻着陸!
早!近!
ビジネスってこんなに快適なのか!こりゃビジネスしか乗れねーよ!って贅沢なこと思いつつ、
せっかくなら長距離で乗りたかったなとか、エコノミー料金で乗せてもらったのにわがまま言うんじゃないわよ!
入国のイミグレは無表情で怖かった!なんであんな怖いんだ。
そして異国の夜の空港で一瞬途方に暮れたりしたけど優しい係員の人が助けてくれました良かった。
ホテルでK姉と無事落ち合えた時には涙が出るかと思った!ってのは嘘で、眠いなーって思ってたけど(笑)
ホテルの部屋に入って、
一足先に現地に着いてカツンコンに行ってるK姉のいつもの遠征バッグを見たときほっと一安心したのは本当です。

10年ぶり、2回目のソウルです。

帰りもビジネスでご案内してくんないかなーって期待したけどそれは無理なお話でー、
出国のイミグレの人はいい人で、テンション高い私が間違った韓国語で挨拶したらその後韓国語教室を開いてくれて、挨拶を教えてくれた。
イミグレで笑顔で会話することがあるとは思わなかった!
今度来たら活用しますありがとう。
空港で海苔買ったりして(空港の海苔は高い!←当たり前)、
機内で祝杯をあげてるうちにまた瞬間的に着陸態勢。
早!近!
初めての羽田空港で、K姉と別れた途端これまた若干迷いつつ、(だから私を一人にしないで!w)
日が変わってから無事、東京の別宅、かおちゃん邸に帰還致しました。
そしてリゾート帰りのかおちゃんとちゅんさんとソウル帰りの私で川の字になって寝ました。

これが私の、1泊2日、滞在時間20時間のソウルの旅の序章と終章。
メインストーリーのソウル市内でのあれこれはまたの機会に!

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。